Feed on Posts or Comments 20年01月24日

Category Archiveお知らせ ご案内



お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 16年01月1日

あけましておめでとうございます

2016年元旦、我が家は大賑わいでした。嵐が去ったあとかたずけが終わり、やっとパソコンに向かい合っています。

今年は夏の参議院選挙で、自民・公明の政権が両院で2/3以上を取ることは阻止しなくてはなりません。

そのために野党は共闘して、「戦争法廃止」「集団的自衛権行使容認撤回」で一致する野党や個人の結集が必要です。

2000万統一署名を達成し、野党共闘の機運を作り出さなければなりません。野党統一候補を擁立し、勝利して参議院の勢力を逆転しようではありませんか。

そのために私も力を尽くしたいと思います。

遅れている宣伝も頑張ってやろうと年末に宣伝カーの看板を新装しました。署名活動も取り組みを強めます。

年頭の決意です。

お知らせ ご案内 &正一のブレークタイム 河田正一 : 16年01月1日

母の入院

2016年元旦を迎えました。昨年末にはゆとりをもって年末を過ごし、落ち着いた新年を迎えるつもりでした。

しかし現実は予定通りにはいきません。しんぶん赤旗の集金にとても手間取りました。そのうえ、年の瀬が押し迫った12月29日に母が脳溢血で入院することになりました。

言語障害は残りますが命に別状がなかったので少し安心です。今後、亜急性期の病院探しや介護認定申請、入所できる施設探しなど課題がありますが、正月なので相談もすることができません。

高齢者が病気になると大変なことは様々な相談を受けてわかっているつもりですが、我が身に降りかかると改めて大変さを実感します。

お知らせ ご案内 &正一と岡山市政、地域活動 &正一の活動日記 河田正一 : 15年12月13日

みつ健康マラソン

12月13日(日)、第29回みつ健康マラソンが開かれました。今年は1945人がエントリーしました。最高齢者は男82歳、女76歳です。最遠距離地からの参加は埼玉県からでした。参加者のうち約1400人が岡山市内からで、県外参加は38人です。

今年は例年になく温かい日だったので、走る人もまたボランティアの300人以上も助かりました。応援の人を合わせると3千人を超す人が御津スポーツパークに集まりました。参加者の健闘をお祈りするとともに、毎年この大会を支えてくださる役員や多くのボランティアの皆さんに感謝します。

お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年12月13日

戦争法廃止 総がかり行動

12月12日(土)午後はさん太ホールで「立憲主義と民主主義を取り戻すために」と題して講演会がありました。講師は福山真劫氏(フォーラム平和・人権・環境共同代表、戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人)です。

今年秋の叙勲で、ラムズフェルト氏とアーミテージ氏が旭日大綬章を受けた。彼らが日本に対して何を行ったか。アーミテージレポート(2012年)では、「原発続行」「TPP締結」「集団的自衛の禁止は同盟の障害」と書かれている。

2013年に安倍政権が誕生して、特定秘密保護法、武器輸出三原則の見直し。2016年4月日米ガイドライン、8月安倍の70年談話、9月戦争法を行った。また今年は原発再稼働、TPP大筋合意を安倍政権が主導。

2014年の防衛白書では、集団的自衛権は「憲法九条で許容される自衛の権利を超えるものであり、許されない」と書いていたものを解釈改憲で、米軍の軍事戦略の中で自衛隊の海外派兵ができるようにした。これはクーデターである。

安倍政治は、アメリカの目こぼしの範囲内での右翼政権である。閣僚20人のうちほぼ全員が様々な右翼的組織に属している。自民党憲法草案、戦後レジームからの脱却、反民主主義的体質、憲法違反、民主主義破壊を平然と行う。

マスコミ支配、保守的国民運動(美しい日本の憲法をつくる会)と連携し憲法の条文改憲を目指している。

失敗したアベノミクス3本の矢を覆い隠し、高揚した市民・大衆運動の分断・沈静化を図るために出してきたのが、1億総活躍時代「GDP600兆円、出生率、介護離職ゼロ」を演出

しかし、閣僚の不祥事、TPP,原発再稼働、消費税、沖縄、戦争法など安倍政権に動揺は必至である。

また、戦争法廃案を目指す運動の統一と高揚はかつてなく高まっている。共産党系、反共産党系、中立系が過去の経過を超えて運動の統一ができてきた。今年東京で1万人以上の集会は12回開かれた。

それにも関わらず、「60%が反対、80%が今国会で決めるべきでない」という層を十分取り込めなかったのが戦争法を通した原因だ。労働運動との連携不足。「連合」も運動に加わっていない。非正規・権利が侵害されている低所得勤労者の取り込みができていなかった。全国隅々まで運動と組織を広げることが必要だ。

来年5月3日までに2000万人署名を集めきる。これは自民党の比例票よりも多くの数である。

野党協力は民主党の内外で意見分岐があるが、野党共闘・協力がなければ民主党は惨敗必至。12月20日、「市民連合」を結成し、野党協力を進める。

この後、さん太ホールから新西大寺町、表町商店街を通り、岡山駅前まで1時間かけてデモ行進しました。

お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年12月13日

野党協力を応援します

12月12日(土)、「岡山の野党協力を応援します。」の会が開かれました。会場には主催者予想を上回る人が集まりました。来年夏の参院選に「選挙法廃止」「安倍政権打倒」のために、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同しようという取り組みが行われました。呼びかけは、「おかやまいっぽん」という団体です。代表して、宮本龍門さんが進行役を務めました。

最初に、奥津亘弁護士が、野党協力は困難な課題だが克服できない課題ではない。過去の確執は戦争法廃止という大きな課題の前では小さな課題である。という発言をしました。

次に、高谷幸氏(岡大准教授)は、若者や国民が選挙に行かないのは社会変革の可能性を見いだせないからだ。しかし、この夏の国会前行動が示すように、政党の枠を外せば多くの人が政治に参加するようになる。

多くの人が望む政策を打ち出すことで「希望が生まれる」と発言しました。山本圭氏(岡山大学)は、安保法強行は立憲主義への汚点である。市民的公共性が芽吹き始めた。選択肢がなかなか見えてこないが、野党協力がまとまれば選択肢になりうる。

野党4党の代表が壇上に並び、それぞれが共同の必要性を訴えました。日本共産党からは大平よしのぶ衆議院議員、社民党、維新の党、民主党の人が集まりました。

最初に討論をした大平よしのぶ議員は、安保法制は多くの憲法学者、歴代内閣法制局長官も指摘しているように、憲法違反の法律であり、憲法を守るべき権力が憲法を破壊する行為は立憲主義の否定である。「戦争法廃止、安倍政権打倒のために、戦争法廃止で一致する政党団体、個人が共同して国民連合政府を作ろう。そのために野党が国政選挙、さしあたり参院選で選挙協力をしなければならないと訴えました。

そのあとで、岡山の野党協力を応援する人々からのリレートークがありました。

「小さな声を上げよう」の代表はシール投票に取り組んだことを話し、宗教者九条の会、主婦、独立メディア、大学生、高校生などがこの間の行動を報告しました。

お知らせ ご案内 &正一と岡山市政、地域活動 河田正一 : 15年12月3日

個人質問 12/7(月)午後に決定

11月議会の個人質問の日程が決まりました。

私は、個人質問2日目の12/7(月)で、この日の6番目に登壇します。

時間は早ければ午後2時過ぎに始まるかと考えていますが、議事進行によってはそれより遅くなることも考えられます。

テーマは大きく4つで、一括方式で質問します。

ぜひ傍聴においでください。

1 苫田ダムの利水から治水への転用と広域水道について

2 水道水源保護条例の制定について

3 用水路の安全対策について

4 鳥獣害対策について

お知らせ ご案内 &正一と岡山市政、地域活動 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年12月2日

国会議員に要望

12月1日、政令市の議員代表として日本共産党国会議員に財政等の要望活動をしました。

議員の先陣を切って、私は要望をしました。子ども医療費拡大に対する国のペナルティの廃止。介護保険改悪の実態調査の実施。この2点を訴えました。

高橋千鶴子衆院議員の回答では、ペナルティ廃止を国が検討を始めたそうで、前進する可能性が高まりました。

会談後、中国ブロック比例の大平喜信衆院議員の部屋を訪れました。第一会館の11階なので、国会議事堂もよく見えます。

大平議員の部屋からは首相官邸が真下に見下ろせました。

そののち、岡山市の東京事務所に顔をのぞけ、所長・次長と話をして帰りました。

« 前ページへ次ページへ »



WordPress Themes made free by Web Hosting Bluebook