Feed on Posts or Comments 18年04月21日

Category Archive正一と日本共産党



お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年12月13日

野党協力を応援します

12月12日(土)、「岡山の野党協力を応援します。」の会が開かれました。会場には主催者予想を上回る人が集まりました。来年夏の参院選に「選挙法廃止」「安倍政権打倒」のために、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同しようという取り組みが行われました。呼びかけは、「おかやまいっぽん」という団体です。代表して、宮本龍門さんが進行役を務めました。

最初に、奥津亘弁護士が、野党協力は困難な課題だが克服できない課題ではない。過去の確執は戦争法廃止という大きな課題の前では小さな課題である。という発言をしました。

次に、高谷幸氏(岡大准教授)は、若者や国民が選挙に行かないのは社会変革の可能性を見いだせないからだ。しかし、この夏の国会前行動が示すように、政党の枠を外せば多くの人が政治に参加するようになる。

多くの人が望む政策を打ち出すことで「希望が生まれる」と発言しました。山本圭氏(岡山大学)は、安保法強行は立憲主義への汚点である。市民的公共性が芽吹き始めた。選択肢がなかなか見えてこないが、野党協力がまとまれば選択肢になりうる。

野党4党の代表が壇上に並び、それぞれが共同の必要性を訴えました。日本共産党からは大平よしのぶ衆議院議員、社民党、維新の党、民主党の人が集まりました。

最初に討論をした大平よしのぶ議員は、安保法制は多くの憲法学者、歴代内閣法制局長官も指摘しているように、憲法違反の法律であり、憲法を守るべき権力が憲法を破壊する行為は立憲主義の否定である。「戦争法廃止、安倍政権打倒のために、戦争法廃止で一致する政党団体、個人が共同して国民連合政府を作ろう。そのために野党が国政選挙、さしあたり参院選で選挙協力をしなければならないと訴えました。

そのあとで、岡山の野党協力を応援する人々からのリレートークがありました。

「小さな声を上げよう」の代表はシール投票に取り組んだことを話し、宗教者九条の会、主婦、独立メディア、大学生、高校生などがこの間の行動を報告しました。

お知らせ ご案内 &正一と岡山市政、地域活動 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年12月2日

国会議員に要望

12月1日、政令市の議員代表として日本共産党国会議員に財政等の要望活動をしました。

議員の先陣を切って、私は要望をしました。子ども医療費拡大に対する国のペナルティの廃止。介護保険改悪の実態調査の実施。この2点を訴えました。

高橋千鶴子衆院議員の回答では、ペナルティ廃止を国が検討を始めたそうで、前進する可能性が高まりました。

会談後、中国ブロック比例の大平喜信衆院議員の部屋を訪れました。第一会館の11階なので、国会議事堂もよく見えます。

大平議員の部屋からは首相官邸が真下に見下ろせました。

そののち、岡山市の東京事務所に顔をのぞけ、所長・次長と話をして帰りました。

お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 河田正一 : 15年11月23日

全国遊説始まる

11月23日(月・祭)午後4時から岡山駅前ビックカメラ前で日本共産党の街頭演説会がありました。

最初に応援に立ったのは、岡山弁護士会吉岡会長です。9月19日の戦争法強行採決で、正直落ち込んだが、何とかインパクトのあるキャッチフレーズをと真剣に考えたことを話しました。また、来年の5月7日には大規模な集会をすることも提案されました。そして、国会で自・公の議席を半数以下にするために、野党が共闘して参議院選挙で野党統一候補を通すことが必要と訴えました。

そのあと、岡山選挙区予定候補の植本かんじさん、比例選予定候補・元衆議院議員春名なおあきさんが訴えました。春名さんは美作市の出身で高知大学に進学しそのまま高知の人となった人です。3つの柱で頑張ると表明。①戦争法を廃止し立憲主義を回復する。②消費税再増税反対③TPP反対。

最後に、日本共産党参議院議員・参院国対委員長井上哲士さんが戦争法(安保法制)成立後の危険な動きを詳しく訴えました。南スーダンの状況がどんなに不安定なものなのか。その中でPKOが駆けつけ警護をすると自衛隊員に犠牲者が出る可能性がとても高いと発言しました。

安倍政権は国民に消費税など大増税を押し付け、一方では大企業の法人税減税を進める。労働者派遣法を改悪し非正規を増やす。沖縄県民の反対を無視して辺野古基地建設を推し進める。原発再稼働を推進する。どれをとっても国民の願いとは相いれない政治をする史上最悪の政権です。参議院選挙では野党が統一して議席の過半数をとることが何としても必要です。そのための機運は盛り上がっていて、2000万統一署名にも取り組むことになっています。「野党は違いを脇に置いて、戦争法廃止で統一候補を立てて参院選を戦おう」との風を起こすために頑張りましょう。

正一と日本共産党 河田正一 : 15年09月29日

玉野、瀬戸内の市議団と合同宣伝をしました

24日に玉野・瀬戸内の市議団と政策勉強会をしたあと岡山市役所前で合同宣伝をしました。

「戦争法を国民共同の政権をつくって廃止しよう」と訴えると、あちらこちらから応援の手を振ってくれました。

お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年08月16日

原発再稼働反対

8月12日、150回目のイレブンアクションに参加しました。

薩摩川内原発が8月11日再稼働されました。この2年近く日本の原発は1基も稼働していませんでした。しかし、電力は足りてきました。

今年の夏の猛暑の中でも、九州電力は発電余力は10%以上ありました。それなのに、十分な避難計画を立てない中で再稼働をさせたのです。

国民の多数が原発に対し安全性に疑問を持ち、事故があれば取り返しがつかないことはフクシマでわかっているはずなのに、あえて再稼働をする狙いは何なのでしょう。

フクシマの事故原因と責任の所在を明らかにしないことが川内原発再稼働にもつながっていると思います。

「戦争法案」の強行も根っこは同じではないでしょうか。戦争に対する反省、加害責任、責任の所在をあいまいにしたままA級戦犯を首相に仕立て上げるような国だから、今再び「海外で戦争する国」づくりを国民に詭弁を使って欺きながら推し進めているのです。

お知らせ ご案内 &正一と岡山市政、地域活動 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 &産廃処分場 河田正一 : 15年08月8日

春名なおあきの集い

8月7日(金)、日本共産党参議院比例予定候補春名なおあき(元衆議院議員)さんを迎えての集いを北区で開きました。戦争法案についての明快な話で、参加者もとても分かりやすいと大きな拍手がわきました。

森脇ひさき県議は、街頭での訴えで安保法制に賛成だといっていた人が、話す中で「この法案は日本を守るためでなく、米国の手先となって海外に侵略させるためのものだ」と言うと、戦争法案を廃案にしなければならないと言い出したことなどの情勢の大きな変化を話しました。

私は、御津虎倉産廃判決の勝利の意味と、運動が情勢を切り開くことに確信して、戦争法案を廃案にしようと訴えました。資料をかなり多く用意していましたが、すべて配布してしまうほどの盛況な「集い」でした。

お知らせ ご案内 &正一と日本共産党 &正一の活動日記 河田正一 : 15年08月8日

原水禁世界大会

8月4日(火)から6日(木)まで、広島の原水爆禁止世界大会に行ってきました。今年は広島・長崎に原爆が投下されてから70年、節目の年です。しかし、安倍政権は戦争法案を通そうとし『海外で戦争する国づくり』を目指しています。

8月6日、安倍総理は広島での記念式典で「非核三原則堅持」「核廃絶」という言葉を使うこともなく、国民の批判、何よりも被爆者の怒りを買っています。

93歳の被爆者の方の生々しい体験が話された。俳優の宝田明さんは主演した「ゴジラ」が第5福竜丸のビキニ環礁での被ばくを受けて作られた映画で、大ヒットしたが、アメリカでの公開ではアメリカの都合が悪いところが変えられてしまった。そして、第五福竜丸の事件を受けて原水爆禁止の運動が盛り上がり、原水禁大会だ開かれたということも話されました。

岡山から参加した青年たちは、「うらじゃ」のメイクで壇上に上がり、N.YでのNPT再検討会議に参加したことを報告しました。

2日目は、多くの分科会がある中で「アジアの平和のための日本の役割」分科会に参加しました。

その中で講師のイ・テホさんは次のような話をしました。尖閣や南シナ海を巡って中国脅威論を戦争法案推進者はふりまいていますが、そもそも昔はアジアにおいては「領土」という概念があまりなく、漁場として共同で利用してきた。領土として問題になったのは近代史になってからだ。尖閣問題はもともとは沖縄の問題であり、琉球、台湾、中国の漁民も200年前は単なる漁場でしかなかった。

台湾の猟師と話したが、漁師間では平和的に利用していこうとしている。かつては領土ということを考えなかったが、日本はアジアで最初に西洋化し、帝国主義化してきた。アジアの人にとって領土問題となると暗い歴史を思い出させる。

2007年、韓国と北朝鮮は領土問題解決のための合意をした。韓国は国境としてではなく、北の境界線を決めた。合意前は韓国が一方的に決めたことに北朝鮮が反発した。合意により共通に使える海域とした。

アジアでは古くから共同で使うという考えがあり、もし日本がこういう考えで「共通」という考えに基づき東シナ海問題に対処すればアジア諸国は喜ぶ。

その他、北朝鮮のミサイル発射についても、ロケットに衛星を乗せるかミサイルを乗せるかの使い方により違いがあるが、ロケットは単なる運送機具である。北朝鮮が衛星の実験だといっているのに、ミサイルだとの論陣を張りながら、数日後に米国がICBMを打ち上げたのに誰も講義もしなかった。日本が衛星を打ち上げることに誰も異議を挟まない。ロケットは乗り物であり、どこの国も実験を行っている。このことも疑念をすっきりさせてくれた。日本共産党が提唱している「北東アジア平和協力構想」の実現こそ北東アジアの平和的解決の道であることを改めて感じた。その他多くのことを知ることができ、とても有意義な分科会であった。

今回の3日間は、ゆっくりとした時間を持つことができ、単行本を5冊読破して、リフレッシュすることもできました。

« 前ページへ次ページへ »



WordPress Themes made free by Web Hosting Bluebook